2006年05月31日

エネルギー不足

ここ数日なんとか保ってきた上昇バイアスも昨日の大引けで黄信号となってしまいました。昨日も何度か上値にトライしては売り物に押されて値を消すパターンが見受けられました。

米英市場が休場で外人の参戦がないと、市場エネルギーがこれほど削がれるとは、やはり外人の資金が如何に影響力が強いか証明されたようなものです。ちなみに売買高概算14億1552万株、売買代金概算1兆7964億円と今年最低でした。

日経平均ベースで見てみますと15859.45円は56.23円安でしたが、内容は評価に値するものではありませんでした。

値上がり銘柄数360銘柄、値下がり銘柄数1252銘柄と普通に売買されていれば日経平均で200円以上安くてもよい内容でした。

これは、主力(日経平均採用銘柄)の一角に投信の買いが入って下支えしていたためですが、今後の相場の行方が懸念されます。

ところで、ここのところの寄り付き前の外資系証券の売買動向ですが、ここ14日間で買い越しだった日はただの2日しかありません。

この内容が示すように基本的には影響力の強い外人の投資スタンスはネガティブということが見てとれます。

これは、主に外資のヘッジファンドが円キャリートレイド(0金利の円を借りて他の通貨資産に投資してサヤを稼ぐ)を軸に世界中に投資していた資金を、近々(数ヶ月後に)日銀が0金利を解除する可能性を先取りして、回収していることが世界中の株安にも影響しているといえるのです。

この外資の動きは、大きく積みあがった信用買い残と並んで相場の懸念材料ととらえておいてください。

このことで、投資戦略も顕著になってくる筈です。中期的には売りのスタンスも念頭に入れなければならないようになってきています。(カラ売りはこれから大切な手段となってきます)

株価は、お金の流入量に比例するのですから。

⇒分析シュミレーション(グラフ)はこちらです。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩


posted by 幸助 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

株価は一進一退を繰り返す

週明けの東京市場は、先週末のNY市場の堅調な動きを引き継いで大幅高で寄り付きましたが、戻り売り圧力に押され、後場中ごろからはマイナスに転じ一時85円安まで売られましたが、大引け寸前に辛うじて15,900円台に戻してひけました。

しかしながら、寄り付き段階で16,000円を上回っていただけに残念な内容でしたが、表面的な値動きとは異なり、テクニカルでは堅実に階段を上がっている内容となっていることが確認されています。

ここのところの新興市場の低迷は、個人投資家の市場への参戦がはかばかしくないことを如実に物語っていますが、高水準の信用買い残が上値の重石となってハイテク株中心に売られ、現物株指数の足を引っ張ったかっこうです。

このような相場展開では、株価はどうしても一進一退を繰り返しながら、上値のシコリを解消していかざるを得ません。

ある程度、株価の調整は済んでいますが、日柄の調整に時間がかかっているところです。

今後の最良のパターンとしましては、テクニカル指標が陽転中に一度25日移動平均線を抜いておきたいところですが、相当高い位置に平均線があるため一気に抜くことは難しい状況です。

そこで、出来る限り平均線に接近した後、一旦目先調整を経て再度トライした時にクリアーしていくことを期待したいところです。
当然、目先調整した時点で15,508円を割らないことが大切です。

ところで世界的な鉄鋼業界再編の動きを受け、鉄鋼株が物色されていますが、更に注目すべきは、世界規模で起こりつつあるTOBやM&Aの対抗策として、体力が完全に回復した金融機関との連携(過去の株式持合いを含めた)を模索する日本企業の動きが活発化し始めています。

金融機関も体力を維持するために持ち合い株を売り続けてきましたが、ここへきて再度企業との連携強化に動きつつあり、株式の保有比率を引き上げていくと考えられ、市場の下支え要因になりそうです。(当然、浮動株比率が下がる訳ですから)

⇒分析シュミレーション(グラフ)はこちらです。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩

posted by 幸助 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

懸念材料を払拭

先週末の東京市場は、私が挙げておいた下降条件を払拭し、反対に上昇条件をクリアーして引けました。

26日の市場は、一時最悪のパターンの15508円を下回りそうな水準の15819円まで水準を下げましたが、一転先物主導で戻し、最悪のパターンを脱したこととアジア株が堅調に推移したことも好感され277円高の大幅高を演じました。

上昇過程の中では、テクニカル陽転条件の24日の高値15907円もクリアーするおまけ付の15790円で引けました。

今後、2,3のハードルはあるものの投資し姿勢はネガティブからポジティブへシフト替えで臨みましょう。

今週の「超短期投資分析表作成マニュアル」シュミレーションは一銘柄入れ替えましたのでお楽しみに!

⇒分析シュミレーション(グラフ)はこちらです。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩

posted by 幸助 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

今後の可能性を探る

一昨日、外国証券経由の寄り付き前注文状況は、久しぶりに約2000万株の大幅買い越しと、私たちに元気を与えてくれる外人の参戦を喜んだのも束の間、昨日は一転1130万株の売り越しと一喜一憂の展開にどうにも積極的に買う気持ちになれない方が多いのではないでしょうか?

とりあえず、昨日の当ブログの指摘を思い出して頂きますと

「本日(25日)、日経平均がプラスで引けるかマイナスでも小幅安で引けること。
更に明日(26日)は確実に昨日の高値15907円より高い終値で引けることです。

その上で、上昇して行った株価が25日移動平均線を遥かに上回るか、例え、25日線ではじかれて下落しても昨日の安値15508円を下回らないで反騰に転じることが大切です。

これらの動きを一つ一つ検証しながら今後の投資戦略をたてましょう。頑張って儲けましょう。」

という内容でした。

昨日のマイナス引けは想定内の内容でしたが、213円も安く引けるとは想定外でした。

確かに、材料的には一応決算発表も峠を過ぎ、外部環境は世界同時株安で資金が株式市場から逃げていることから、現物が買いあがろうとしても先物が頭を押さえるパターンが続いています。

しかし、「株価は、懐疑の中で育つ」ことを忘れてはいけません。213円安の中に信用の買い残や裁定残が解消されて、買いあがる条件が徐々に醸成されているのですから。

もし今日、下値を再度トライする動きが出てきた時は、悪くても15508円を下回らないことが大切です。

ただ、上昇したときも出来れば15907円を抜いてきてもらいたいものです。

ある意味では、後で振り返ってみると、本日が相場の分岐点だったことが分かるかもしれません。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩


posted by 幸助 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

未だリバウンドの域を脱せず?

24日の東京株式市場は、朝方の外国証券経由の寄り付き前注文状況で久しぶりに約2000万株の大幅買い越しを好感して始まり、市場に外人の買いが戻ってくるのではないかとの思惑もあり、寄り付きから堅調に推移しました。

前引けにかけては、円安の追い風を受けて、一段高の133円高で引けましたが、後場に入ると銀行株や新興市場のさえない動きを映して徐々に値を消し、一時90円安まで売りこまれ、またぞろ弱気の虫がでてきたかっこうでした・・・。

しかし、その後の動きは、いままでの下げてきた過程での売られ方とは反対に、押し目を拾う動きが見られ、株価先物にも大口の買いが入るなど、安堵感が広がると一転買い優勢となり、ほぼ前面高の様相を呈し、久方ぶりに308円高の高値引けとなりました。

ここで、気になる今後の動きですが、5月8日ザラバ高値から5月24日安値まで12日間の日経平均ベースで約1860円今日も下落した後だけに、当然このくらいの反発があっても不思議ではありません。

ここで私たちが注意しておかなければならないことは、一つには、昨日の新安値銘柄数は265銘柄もあること(参考までに新高値銘柄は8銘柄)です。

このことは、308円高の裏に未だ調整が完了していない銘柄も数多くあることを物語っています。

また、いままでカラ売りをかけていた投資家が、心理的な値ごろ感から利益確定の買戻しを入れてきたことによる上昇も手伝っていることが挙げられます。

そこで、幾つかクリアーしなければならない中で以後二日の値動きで、リバウンド以上の上昇を期待できるのは、本日、日経平均がプラスで引けるかマイナスでも小幅安で引けること。

更に明日は確実に昨日の高値15907円より高い終値で引けることです。

その上で、上昇して行った株価が25日移動平均線を遥かに上回るか、例え、25日線ではじかれて下落しても昨日の安値15508円を下回らないで反騰に転じることが大切です。

これらの動きを一つ一つ検証しながら今後の投資戦略をたてましょう。頑張って儲けましょう。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩

posted by 幸助 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

世界同時株安で物色対象の再編成が進む!

今回の株安は、アメリカの(日本も含めて)インフレ懸念から、出発していると多くのアナリストが言及しておりますが、果たして本当にインフレ懸念から、世界同時株安となっているのでしょうか?

資本主義の健全な発展下では、インフレーションこの場合には静かに忍び寄るようなインフレ(クリーピングインフレーション)が当たり前なのですが、前出の議論として全世界的にハイパーインフレーションが起こる可能性があるのでしょうか。

一部の著名な学者は、必ずハイパーインフレーションが起こると言ってその著書にも言及しているようです。

相場(経済)は一寸先は闇ですから全く起こらないということは言えませんが・・・。

確かに原油高、素材や金を始めとした非鉄金属市場の高騰は株式投資の基盤である経済的与件に大きな影響を与えています。

反面、中国を始めとして新興国(確かにこれらの国の原油・素材需要が高騰の一因ではありますが)での低賃金生産による供給過剰からすれば決してハイパーインフレが現実的なものとなるとは思えません。

ただ、何事にも準備を怠りなくしておくのが、投資家(投機家)の大切な姿勢であることに間違いありません。

その意味からすれば、今回のような金利先高感がある時は、投資戦略を変更しなければならないこともまた真なのです。

23日のFRB議長のバーナンキ氏がどんな議会証言をするかに注目が集まりますが(証言内容によっては大幅高も)金利先高感に対応するための戦略変更が世界的規模でおこっていることが今回の相場下落の原因です。

この再編成が終了した暁には再度大相場が待っている事を期待して私たちも頑張りましょう。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩


posted by 幸助 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

意図的先物売買に注意

株式市場には往々にして不条理の部分が多く存在します。

しかし、あれも相場、これも相場で片付けられることが常です。
昨日の、後場の動きは、なんとも割り切れない動きと思うには私だけでしょうか?

現在の投機資金は、資本市場を遥かにしのぐ額が世界中の投機市場を駆けまわっています。
この膨大に膨れあがった投機資金は、時には私たちの思惑とは全く異なった動きをします。

その動きは、時には暴力的に見えますが、実はとても合理的で確固とした裏づけを持った行動をしています。

最近では、原油や素材価格の高騰、先には、少し古い話になりますが、世界通貨危機(イギリスポンド、インドネシアルピア、タイバーツ、韓国ウォン、ロシアルーブル等々の大幅下落)を引き起こしたのもこの投機資金です。

しかし、先ほども申し上げましたように一見暴力的に見える投機資金ですが、原油の高騰にしても、イランの原発問題と中国などの新興国の需要増大、通貨危機にしても各国の経済力・国力とのアンバランスが裏づけとしてあったわけです。

一転我が株式市場に目を転じてみれば、個人投資家を中心に信用買い残が歴史的に膨れ上がっていることは、株式市場のウイークポイントで、投機資金につけいる隙を与えていることに他なりません。

このような状態の時には、市場を操作し易くなります。

思い出してください。
先週末のシカゴ日経先物の動きは、完全に底入れ状態で大証先物終値より140円も高く引けさせておいて、週明けの東京市場で安心して買ってきたところへ売りをぶつけて仕込み、後場から先物を大きく売り込んで信用の投げをさそう。

この手の動きは、ある程度注意はしていて昨日のブログでも寄り付きの高いところを買う方は気を付けるように言及しておきましたが、この上手さには舌を巻いてしまいます。

昨日、再度下降して前回の下値を切ったら要注意と指摘しておきましたが、各種テクニカルでは、陽転サインが示現してきています。

日経平均や多くの個別銘柄が下値を切ってきたことで調整が長引くと認識する反面、テクニカルの好転を利用して、投機資金の先物買いが、力ずくで大幅高を演出することにも心を配っておきましょう。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩

posted by 幸助 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

テクニカル指標はようやくポジティブへ!

週末の東京市場は、大幅安値寄りから大きく値を戻して終わる銘柄が大多数でした。

ここのところ、反騰を期待して、そろそろ良いだろうと感を働かせて下がったところを買いに入って、どれだけの投資家が裏切られ続けたでしょう。

その度に、NYの大幅安に引きずられて引かされてきたことでしょう。
しかし、NYの先週末の引けも、やっと下げ止まりの兆候を示しました。
基本的には、まだ確定ではありませんが、一応プラスで引けたことは評価できそうです。

特に、シカゴ225先物は、16,250円で大証日経先物より140円高く、東証日経現物より95円高く引けています。

特別のことがない限り、シカゴ先物にさやよせして寄り付く筈です。
22日に買い出動したい方は、寄り付きの高値で買ってしまわないように気を付けてください。

ところで、もし週初、株価が上昇過程を辿っても、完全陽転で上昇トレンドに乗ったと判定するには時期尚早です。

上昇からもう一度押してきた時、前回の下値をきらずに反騰して今回の高値を抜いてきて始めて上昇トレンドに乗ったと判断してください。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩



posted by 幸助 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

NY大幅安

17日のNY市場は、4月消費者物価指数が、事前の予想を上回り、再びのインフレ懸念からFOMCによる利上げ継続観測が強まり、10年債利回りが急上昇する中で全面大幅安の展開となりました。

シカゴ日経225先物も15925円と大証比なんと345円安で引けていました。

これを受けた東京市場も朝方から売り先行で始まり、一時、日経平均ベースで400円安に迫るほどで、心理的な抵抗ラインの16000円をあっさり割り込んでしまう場面もありました。

しかし、後場にはいると、各種テクニカル指標が陰の極を示現していることから、安値を拾っておこうという買い物が入り、今まで相場安の悪役を演じてきた「ソフトバンク」が買われたことから、なんとか心理的節目の16000円をクリアーしてひけたのが救いというところでしょうか!

ここで、今日は、今後の相場の流れの注意点を貴方と一緒に検証してみたいとおもいます。出来ましたら、お手元のチャートブックの日経平均をご覧ください。

最初に見ていただきたいのは、5月20日から5月18日まで日足チャートの下値(最安値)が一貫して前日の下値をきっていることです。

私たちは、上値はよく見ますが、実はチャーのチェックポイントは、下値の方が大切なのです。

なぜなら、上昇を示唆する時は下値がドンドン切り上がっていきますし、反対に下げる場合は前日の下値をきってきます。

(本日の値動きで下値が切り上がってきたら、まだリバウンドの域ですが上昇が望めるということです)

もうひとつ、大切なポイントを見ておきましょう。

次のリバウンドの時、75日移動平均線を株価が上回ることができるか、更にもっと大切なことは、25日移動平均線を上回ってくることができるかです。

もし、25日ではじかれて再度75日を下回れば、今度は最悪の移動平均のデッドクロスも覚悟しなければなりません。

スタンスは、依然ニュートラルです。(できれば、カラ売りでとれる準備もしておきましょう)

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩



posted by 幸助 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

投資スタンスはニュートラルで

昨日の東京市場は、日経平均が一時120円以上安くなる場面もあり、追証の投げを誘いながら16000円をあと33円ほどできってしまうところまで売り込まれました。

しかし、この心理的な節目を下回らなかったため、安心感から相場は自立反騰し149円高で引けました。

病み上がりの体をいたわるように、底練りしながら上昇トレンドを形づくっていくのか、それとも一気に上値をとっていくのか、はたまた再度下値を試しに行くのか、この数日が正念場となりそうです。

本日(18日)は日銀金融政策決定会合で「0金利解除」の意思決定がどうのようになされるか、また、明日(19日)には1-3月のGDPと買いづらい発表が相次ぎます。

上昇エネルギーの強い時期ならともかく、弱気か支配している相場では、「源平富士川の合戦」ではありませんが、「鳥の羽音」でも驚いて敗走することはよくあることです。

ともあれ、とりあえず昨日がプラスで引けたということは、一つの関門を通過したことは確かです。

本日がマイナスで引けた場合でも昨日の上げ幅の範囲内で納まり、明日、昨日の高値をぬけてくるようであれば、第一上昇波動確認(エリオットでは上昇は三波動)となります。

しかし、もう一度下値を試しにいく動きを示したとき、16000円を割れてきますと更に調整は長引きます。

来週後半からは、外人の市場復帰が顕著になってくると考えらえますので、7・8月の好況相場は期待できるといえます。

それまでは、一応投資スタンスをニュートラルで売り買いどちらでも対応できるようにしておきましょう。

みんなで儲けるために!

超短期投資分析表作成マニュアル



posted by 幸助 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

景気拡大4年4ヶ月継続でついにバブル期を抜く!

一昨日の機械受注の下方修正は悪材料でしたが、為替も円高が一服、政府の景気拡大4年4ヶ月継続発表で買われても良い材料があるにもかかわらず、相場はまたしても先物主導で大幅続落となりました。

一昨日の相場が寄り付きより引けが高く、例えマイナスで引けても陽線が示現している銘柄が多かったため「底打ち完了か」と言及しましたが、大きく外してしまいました。

「分析表」では、上昇バイアスが示現していなかっただけに、やはり一人よがりは大怪我の元と反省しきりでした。

客観的データは尊重しなければならないということですね!

ところで、昨日(16日)の引けで25日移動平均線どころか、完全に75日移動平均線を下回ってきました。

3月8日以来のことですが、3月の時点では翌日直ぐに75日移動平均を上回って、相場の上昇トレンドが確認できました。

今回も、大きく切り返しが欲しいところですが、毎年5月特有の外人の中間決算で、利益確定の売りに押され何ともスッキリしない相場が展開されています。

昨日も、一時的にはプラスでシナリオどおりでしたが、やはり先物主導で大幅安、更に、信用の追証による投げが加速していることも事実です。

悔しいですが、外人筋は、利益確定売りで投資資金が潤沢になっていることから、この投げを安いところでは必ず拾っている筈です。

いつものこととは言え、彼らに先回りすることは難しいとしても、彼らの動向をキャッチして一緒に行動できれば(彼らを利用できれば)勝てるのですが・・・。

そのための方法は、やはり的確な分析で「大曲り」(相場の転換点)を把握して対応するしかありません。
補助的には、時々言及しています「外国証券の寄り付き前注文状況」に注意をはらっておくことです。

「分析表」をお持ちの方は、日経平均分析で下降バイアスが出た時点で、条件に該当する銘柄を売っておけば、大儲けでした。

株に「たられば」はありませんが、こんどは、上昇シグナルを見落とさないようにして、買いで大きく儲けましょう。
posted by 幸助 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

東京市場大幅安で始まりました

NYの結果を受けて始まった15日の東京株式市場は、指摘しておきましたように大幅安で始まりました。

一時、日経平均ベースで280円以上安くなる場面もありましたが、売り一巡後は、押し目買いが入り徐々に値をもどし114円安で引けました。

そんな中、主力銘柄のソフトバンクがアップルと提携との材料をはやし、朝方から買い物を集め上伸したこともネガティブな相場の地合いを明るくしました。

また、一時為替が109円台で推移したため、ソニーやトヨタはマイナスで引けておりますが、新日鉄は強含みで推移し2円高で引けました。

さて、今後の展開は?

相場の流れを見ていますと、マイナスで引けた銘柄でも、寄り付きより終値が高く陽線で引けている銘柄が目立ち、目先ですが「コツン」と底を打った内容となっています。

短期的ではありますが、このような相場の時に底を確認できたかどうかは、次の2つの条件のうちのどちらか一方がクリアーされなければなりません。

一つは、この次の上昇局面で前波動の高値を抜くことが出来るかです。

例えば、日経平均を例にとりますと、前の波動の高値は5月8日ザラバ高値17375円ですが、反騰体制に入り上昇していってこの高値を抜いてくれば、単なるリバウンドではなく上昇トレンドに乗ったと考えられます。

もう一つは、例え前波動の高値を抜くことができなくても、再度押した時点で直近の安値を下回らずに反騰した場合も上昇確認ができるわけです。

貴方が、今後の投資戦略をたてるばあいには、ポジティブかそれともネガティブで対処するのかでキャピタルゲインの額が大きく異なってきます。

個別の銘柄でも上記のことは応用できますので活用してください。

ともあれ、ここからは底値で陽線をつけた銘柄を分析し、「買いサイン」示現で買い出動して構いません。
外人の揺さぶりに負けず、日本の金融資産をもっと増やしましょう。

posted by 幸助 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

NY市場の大幅調整

12日のNY市場は、ダウが119.74ドル、NSDAQが-28.92と大幅な下落を演じました。

4月輸入物価指数が先月比+2.1%と事前予想を大きく上回り、3月貿易収支は-620億ドルと事前の予想を大幅に下回ったことなどでドル安が進み、インフレ懸念が台頭したことから債権も売られるトリプル安となりました。

これを受けて、シカゴ日経225先物も大証日経先物よりも280円安い16320円で引けています。
このことから週明けの日経平均もシカゴ日経225にさや寄せする形ではじまるものと思われます。

しかし、ここは冷静に対応することが大切です。
もし、キャッシュポジションが潤沢な方は大安売りディスカウントの大量仕入れのチャンスととらえてください。

「超短期投資分析表」を活用されている方は「買いシグナル」が出たところは積極買いで臨みましょう。

7月8月の高値に向けて、「スウィングトレード」のチャンス到来です。

超短期投資分析表作成マニュアル


posted by 幸助 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

株価が上がり始める兆候

米FOMCではこれといって特筆すべきことがなかったため、NYでの大きな波乱はなかったものの、円高基調でシカゴ日経225先物は大証日経先物より75円ほど安く売り込まれていました。

その流れを引き継いで始まった東京市場ですが、朝安のあと、一時的に日経平均ベースで135円以上あげる場面もありましたが、結局、SQを意識した先物の流れに引きずられ89円安の16862円でひけました。

この弱気相場の中で、イビデンが好業績の材料をはやして、450円高の大幅だかを演じ多くの投資家が横目で睨むなか気をはいていました。

ところで、イビデンのような動きを目にして、前もって材料がわかっていたらと思うのは投資家としての人情ですが、インサイダー取引の規制が強化されている現在では、例えこのような情報を知りうる立場の人でもインサイダーは許されません。

といっても地獄耳の投資家はいるものですが、一般の投資家が材料を知りえた時は多くの銘柄は既にあがってしまっているものなのです。

もし、貴方がある材料を知ってその銘柄を買いにはいった時点では、高値掴みになっているのがおちです。

それでも時々は利がのることもあるでしょうが、結局、引かされて痛い目にあって退散という、いつものパターンがまっています。

「材料や情報を重視する人は、材料や情報で損をする」ことの典型です。

この、不条理を回避して、なんとか利益につなげる方法はないものでしょうか?

実は、株価が上がり始めるには兆候があります。

その兆候を掴んで多くの人が出動してくる前に仕込むことができれば、貴方の投資は100戦100勝となることは間違いありません。

その方法はテクニカル分析で可能です。
 ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

過大の裁定買い残が今後重石に

為替が110円台に突入し、米FOMC待ちで方向感が定まらないなか、昨日の東京市場は恣意的な先物主導の下げの展開から日経平均は230円以上の下げとなりました。

しかし、出来高は20億7000万株、売買代金概算2兆8000億円以上となかなかの内容でした。

このことは、うがった見方をすれば先物主導でさげておいて、現物を売ってきた安いところを拾っている投機筋が厳然として存在することを意味しています。

またしても、彼らにやられたかっこうですが、裁定買い残は歴史的に積みあがっていることも事実です。

ところで、金融庁は「中央青山監査法人」の上場企業の監査業務を2ヶ月間停止する処分を決定しました。

このことが直接的な原因ではありませんが、基本的に相場全体のエネルギーが下降バイアスをたどっているときは、さもない悪材料に反応するものです。

というよりは、相場の下げの原因を後講釈で理由付けすることが相場の常であることを覚えておきましょう。

さて、今後の相場が気になるところですが、どうも短いレンジの往来相場の様相を呈してきました。

このような、相場つきの時は、短期の一本釣り銘柄を狙うのが、効率の良い投資になります。

ねらい目は、あまり出来高を作らず(前日の出来高より当日が4倍以上出来ていないこと)底値から下髭を伸ばして陽線をつけ(または、大陰線から底値で陽線が示現した)、反騰体制に入った銘柄です。

当然「分析表」を持っていらっしゃる方は、上記の条件の銘柄を分析してください。

「買いサイン」が示現したら、確実にとれます。
しかし、短期利食いを繰り返してください。

posted by 幸助 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

新日鉄の強さが目立ってきています

円高に対しての見方については昨日言及しておきましたが、輸出関連株はさすがに買い上がるには抵抗がある反面、内需関連株の倉庫株が堅調に推移しNTTデータのほかCTC、日立情、富士ソフト、大塚商会などの上げが目立っています。

また、3月1日479円のザラバ高値をつけてから2ヶ月ほど調整気味だった新日鉄の強さが目立ってきています。
この動きは今後の相場を占う上でバロメーターとなりうるのでしょうか?

昨日の東京市場は、一時円が110円台に乗せたことも手伝って輸出関連株から内需関連株への資金シフトが現実なものとなってきた感が上記の物色対象からも明らかです。

10日の米FOMCと週末のSQを控え一部には買い手控えムードはありますが、業績の上方修正期待を反映して、先回りの買いも入っています。特に投資信託が43週ぶりに買い越しに転じたことは特筆すべきことと言えます。

この信託資金の性質を理解していらっしゃる方はもうこのコメントだけで閃いたと思いますが、実は株式市場に流入してきている資金の中では、比較的長期の資金に属するのです。
さらに、基本的には優良株、好業績株をじっくり仕込む性質があります。

このことは、相場の下支え要因になるほか、私たちの物色対象も暗示しているということです。

ところで、日本製鋼が好業績を評価されて年初来高値を超えてきました。
見逃せない動きです。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩


posted by 幸助 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

円高が進んでいます

円高が急激に進んでいます。アメリカの雇用統計が予想以上に悪かったため、金利引き上げ打ち止めが早まるとの思惑から、NYの株価は大きく買われ、為替は急激な円高に振れました。

この円高を心配して、経団連の奥田会長は1$110円を超えてくると日本経済への影響が顕著になるとのコメントを発表しました。

元トヨタ自動車の会長の言だけに、各方面に与える影響は大きいと言えないこともありませんが、果たして・・・。

つい最近といっても1年数ヶ月前の為替の水準を貴方は覚えていますか?

もう、過去のこととはいえ、1$105円以上していたことを思えば、糊しろはまだありなのでは?

確かに円安ならば、努力なしに輸出競争には勝てる日本ですが、実は、円高局面で株価が大きく調整したことは、過去にはあまりありません。むしろ、株価は上げているのです。

このことは、一見理屈に合わないように思えますが、円高が急激に進行した数日は敬意を表して調整したりもしますが、その後は円高をあてこんだ外資が株を買ってくるので元にすぐ戻すどころか、株価は更に高くなることの方が多いのです。

このことを知っているだけでも投資スタンスは変わってくる筈です。

株式投資は、常に表にあらわれる現象とその裏に隠されている現象とを冷静に判断して対応することが大切です。

参考までに、プラザ合意後の1995年4月19日、1ドル=79円75銭の史上最高値をつけたこともあります。

この時、株価は日経平均で30000円以上していました。

「人とは反対のことを考える人」に分があるのが株式の世界です。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

稼ぐ株式投資 最初の一歩


posted by 幸助 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

連休明けは堅調に推移か

FRB議長のバーナンキ氏が、先日の議会証言で金利引き上げ打ち止めを示唆したことを、あんに否定する発言をしたことで、円高が一服。

これを受けて、連休の谷間とはいえ5月2日の日経平均ベースで228円高は一抹の懸念を振り払う強さとなっています。

完全に下振れ不安が払拭された訳ではありませんが、一応胸をなぜおろす上げではありました。

反面、落ち着いているとはいえ、今後の為替、金利の動きには注意を払う必要はあります。

このように、経済的与件が変化する時期は、一応その方向性を織り込むまでは波乱含みの流れになることも考慮して臨みましょう。

今後の展開として例年5月は調整局面が多いこと、反面、振興市場は新規設定が少ないことから投資資金が既上場の銘柄に向かうため、堅調に推移することが多いことがあげられますが、今のところその兆候は見えておりません。

チャンスを捉えるためにも、今後の動きには注意しておきましょう。

ただ、IPO(大塚製薬、その他)の詐欺事件もありこの問題に市場がどのように反応するかも注意する必要があります。

いずれにしても、連休中にNY市場に大きな変化がなく堅調に推移すれば、チャート上では2日の228円高で4月27日寄り付きの17118円を上回って引けてきていますので、下振れ懸念はあるものの、期待が持てる動きとなってきました。

今後の流れを早めにキャッチして、利益に結びつけていきましょう。
posted by 幸助 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

自分に合った投資法を身につける

わたしの友人は、一回の投資で大きな値幅を取れるであろう銘柄に分散して、比較的長期に持続する方法で株式投資しています。

昨年は、その方法で手持ちの投資資金を6倍に増やしました。

一方、もう一人の知人は、目先の動きの良い銘柄に自己資金を集中して投資し、短期の売買に徹して薄利ではありますが回転商いで、やはり同じパフォーマンスを得ています。

この結果を聞いて貴方はどう思われるでしょうか?

まず、ご自分の投資法と比較されるでしょうが、儲かっていらっしゃる方はともかく、あまり良い投資成績の出ていない方はご自分の投資スタイルと何処が違うのだろうとその真髄を知りたくなるのは人情でしょう。

中には、それほど自分の投資法と変わらないのに、どうしてこんなに差がでるのだろうか?
と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、投資スタイルを確率する上で大切なチェックポイントについて言及しておきたいと思います。
貴方の儲かる投資法(投資スタイル)の確立にお役に立てれば幸いです。

わたしの知人の彼等も、実は最初から儲けることが出来たわけではありません。
実はわたしが書いたあるレポートを参考にして彼等なりに自分に合う投資法を創り上げて行ったと言うのが本当のところです。

その、レポートの内容を概略説明しておきますので、参考にしてください。

「自分に合った投資法を確立するためには!」次の3つの点に注意して戦略をたてます。

1.資金の使い方

投資資金には人それぞれ「投資(資金)枠」があります。
この資金をどの様に投資銘柄に配分して行くかが大切です。

1銘柄に集中すれば・・・ハイリスク、当たれば大きい利益
多数の銘柄に分散すれば・・・ローリスク、損益の平均的利益

2.銘柄選定

銘柄の選定はとても大切なことですが、どのような銘柄を選定したら良いのでしょうか?

銘柄の分類には、色々な分け方がありますが、ここでは、値動きの幅について分類しています。
オプションの経験がある方はご存知でしょうが株式投資では、変動幅の大小を「ボラティリティー」の大小という表現であらわします。

「ボラティリティー」の大きい銘柄・・・ハイリスク、投機的
「ボラティリティー」の小さい銘柄・・・ローリスク、安定的

3.投資期間

投資の期間を選択する場合、貴方はどのような基準で選びますか?
少し誤解されている面は、長期に株を持つと言うことは、何が起るか解りませんので「リスキー」なのです。

短期投資・・・ローリスク・薄利
長期投資・・・ハイリスク・大きな利益の可能性

そこで、貴方は上記の項目をご自分の実力や性格に合わせて一番適した組合せにアレンジして、利益を取れる方法に創り上げていけば良いのです。

例えば、上記のわたしの知人のような方法もあるでしょうし、また、例えば「投資資金を色々な銘柄に分散し、ボラティリティーの大きい銘柄に、短期投資する」などリスクとリターンを上手く組合せてご自分の投資法を確立させてください。

その上で一番大切なことは「売買タイミング」です。
どんな投資法でもタイミングを間違えたら儲かりません。

この研究も怠りなく!
posted by 幸助 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

株が急騰するシグナル

株で儲けるためには「銘柄探し」と「売買タイミング」を的確につかむことです。
そこで、急騰銘柄のパターン研究から儲けの種を探ってみたいと思います。

株は急騰する前に、何らかのシグナルを発信しているものです。

陸上競技のハイジャンプでも助走をつけて高く飛び上がりますが、
急騰する株も助走(シグナル)をしてから大きく飛び上がるものです。

しかし、よ〜く注意を払って見ていないと見落としてしまいます。
どこへ注意を払えばよいのでしょう・・・。

例によって、値動きで急騰前の顕著なシグナルを見てとれる「6703の沖電気」
を例にとって理解を深めて見ましょう。

チャートブックをご用意できない方は、ヤフーのファイナンスから入り「6703」のコードナンバーを入力して「沖電気」の日足チャートをご覧下さい。

少し資料は古くなりますが、昨年6月30日に6月23日につけた高値「392円」を一文抜けずに下げに転じてから8月8日と19日に345円の安値をつけて「ダブル底」形成、反転して上昇トレンド入りしています。

チャーチストの方はお解かりと思いますが、「ダブル天井」で「鬼より怖い」でしたね!

6月23日と30日は「ダブル天井」で、実際に8月8日までに50円弱下げています。
ところが、今度は8月8日と19日に「ダブル底」形成で「底」確認ができました。

ここで直ぐに買いに入ってはいけません。
先ほどお話した「ハイジャンプ」の助走は次になります。

そこでチャートを確認してください。
8月19日の底をつけた後、一度8月26日に25日移動平均線を終値で上回ってから
再度押し目をつくっています。

しかし、今度は9月8日の「押し目の底」は346円の一文上で止まっております。
以下に説明しました2点が「助走」(シグナル)になります。

1.終わり値が一時的に25日移動平均を抜いて上回って、押し目をつくった銘柄
2.押し目の底が、前の下げの安値を下回らないで反騰に転じた銘柄

という2点を注意しましょう。
願わくば、出来高が以前よりも多ければそれにこしたことはありません。
いかがですか、早速、投資の参考にしてみてください。

ただ、ここで問題なのは、このような上昇パターンを示した銘柄でも、実は上昇しない銘柄もあります。

そこで、必要なのが「テクニカル分析」ということになります。

注目の銘柄の株価のバイアスはどちらに向いているかの判定をテクニカル分析で
割り出すことはとても大切なことです。

できれば、先にあげた2つのパターンと他の「テクニカル分析」を併用することをお勧めします。

きっと貴方も儲かる投資家になることでしょう。
posted by 幸助 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。