2006年11月27日

投資家の性格的要素が大きく投資の結果に影響する!

相場で成功するには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析が大切ですが、
それ以上に投資家の持つ性格的要素が大きく投資の結果を左右します。

人それぞれ顔が違うように、性格も千差万別ですが、株式市場では
貴方の性格や行動パターンによって、利益をとれるかとれないかが決まります。
注意しなければならない行動パターンとは・・・。

(T)下げ相場の時、大きなチャンスにもかかわらず買い一方しかできない人
(下げ相場に買い向かう人)

(U)売ると直ぐに買いたくなる人
(いつも株を持っていないと気がすまない人)
(買い一方の方は、調整局面でも買いに行ってしまうため損する)

(V)資金枠すべてを投入して余裕を持って投資を行えない人

(W)短期で売買する場合、中・長期的視点を無視して売買する人

(X)最初から自分の目標値を決めつけて、そこまで行くと思い込んでしまい、
希望的観測で売買する人

まだまだ色々な原因で損する投資家になっている人がたくさんおられると思います。
あなただけには、そうなって欲しくないです。

■超短期投資分析表作成マニュアル




posted by 幸助 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。