2006年12月05日

株式市場に流入している資金量が相場のターニングポイントを決める!

株式投資で最も重要なことは、どの時点で上昇トレンドとなり、
どの時点で下降トレンドになるかというターニングポイントを正確に掴むことです。

株価のターニングポイントと景気の転換点は、一緒ではなく、3〜6ヶ月ほど株価の方が
早いということは、既にお話しましたが、それでは株価のターニングポイントは
どのように把握したら良いのでしょう・・・。

株価の転換点を計るには、まず株価を押上げる又は下げる経済的与件を
注意深く観察する必要があります。
基本的に注意を払わなければならないのは、金利、マネーサプライ、が国内要因としては大切です。

物の価値(価格)はどのように決まるかは学校でも習ったと思いますが、
需要と供給によって決まるということは貴方もご存知と思います。

実は株価もお金が市場にどのくらい出回っているか?
つまり、国内における通貨の供給量(お金がダブツイテいるか、それともショートしているか)
とそのお金が株式市場に流れこんできているか否かで決定されます。

国内要因だけではなく、もうひとつ注意を払わなければいけないのは、
外国からの資金の流入の状態です。
今日の株式市場では、国内要因より外国からの資金流入の方が株価にたいして
大きな影響を与えるようになっています。
したがって、外人の売買動向は最も大切なチェック項目となります。

それらのことを踏まえて更に全体指標をテクニカルで分析していると、
ターニングポイントを把握できます。

これによって、投資戦略を変えてゆくことができ、効率の良い利益追求ができるのです。

どうか、これらのチェックを怠りなく!

■超短期投資分析表作成マニュアル



posted by 幸助 at 10:42| Comment(47) | TrackBack(10) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式市場に流入している資金量が相場のターニングポイントを決める!

株式投資で最も重要なことは、どの時点で上昇トレンドとなり、
どの時点で下降トレンドになるかというターニングポイントを正確に掴むことです。

株価のターニングポイントと景気の転換点は、一緒ではなく
、3〜6ヶ月ほど株価の方が早いということは、既にお話しましたが、
それでは株価のターニングポイントはどのように把握したら良いのでしょう・・・。

株価の転換点を計るには、まず株価を押上げる又は下げる経済的与件を
注意深く観察する必要があります。
基本的に注意を払わなければならないのは、金利、マネーサプライ、が国内要因としては大切です。

物の価値(価格)はどのように決まるかは学校でも習ったと思いますが、
需要と供給によって決まるということは貴方もご存知と思います。

実は株価もお金が市場にどのくらい出回っているか?
つまり、国内における通貨の供給量(お金がダブツイテいるか、それともショートしているか)
とそのお金が株式市場に流れこんできているか否かで決定されます。

国内要因だけではなく、もうひとつ注意を払わなければいけないのは、
外国からの資金の流入の状態です。
今日の株式市場では、国内要因より外国からの資金流入の方が株価にたいして
大きな影響を与えるようになっています。
したがって、外人の売買動向は最も大切なチェック項目となります。

それらのことを踏まえて更に全体指標をテクニカルで分析していると、
ターニングポイントを把握できます。
これによって、投資戦略を変えてゆくことができ、効率の良い利益追求ができるのです。

どうか、これらのチェックを怠りなく!

posted by 幸助 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

最高の経済学者!株式市場!

もう30年以上前の話になって恐縮ですが、マサチューセッツ工科大学に
ノーベル経済学賞をとったポール・サミュエルソンという経済学の教授がいました。

マサチューセッツ工科大学は、最近話題になっている、
前西武ライオンズの松坂投手がポスティングで移籍することになった
レッドソックスがフランチャイズにしているボストンにあるアメリカの最高頭脳が集まる大学です。

マサチューセッツいうと団塊世代の方は、あのビージーズが歌った
「マサチューセッツ」や「小さな恋のメロディー」などの映画を思い出す方もいらっしゃるのでは・・・。

ちょっと主題から外れましたが、そのポール・サミュエルソン曰く
「過去において、いかにすぐれたエコノミストの景気予測といえども、
株価の予測の正確さにまさるものはなかった」と・・・。

株価は、よく3〜6ヵ月先の経済の見通しを表していると言われています。
いわば、3〜6ヵ月先の経済の先行指標というわけです。

貴方が、株式投資を行うに際して、キャピタルゲインをあげるだけでなく、
この株価の先見性を貴方の商売や生活に大いに生かすべきです。

それこそ、株で儲けて実生活や実業でも儲けるというダブルチャンスが
株式投資をされている貴方の特権なのだと思います。

ところで、3ヶ月から6ヶ月先の株価はどのようになるのでしょうが!
29日に節目を割らずに反騰したことで底割れの危機を脱したようですが、
どうやら来年はまた外人の資金が東京市場に戻って来るようです。

特に外資によるM&Aがキーワードです。

■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

「任天堂Wii」「ソニー・プレステ3」の発売に思う!

「任天堂Wii」「ソニー・プレステ3」の発売が昨今騒がれていますが、
株式市場の面からこの企業価値を考察してみたいと思います。

株式市場の個々の銘柄をみていると、新しいニーズを開発して行く
「市場創造型の企業」が思いもよらない大変身を遂げることが顕著です。
最近ではヤフーやIT関連企業ですが、一昔前は、「任天堂」や「ソニー」でした。

過去の任天堂の株価の安値と高値っていくらと思いますか・・・。

今でこそ任天堂は世界ブランドですが、40年以上も前は唯の「トランプ」等のメーカーでした。
一番安かった時の株価は1965年の90円です。

ところが、このトランプメーカーの変身振りは貴方もご存知と思いますが、
昔を知っている人は「何で?」って首を傾げたくなるくらいの大化けを演じました。

ファミコンを任天堂が世のだした時、世の大人たちはそのすごさと面白さを知らずに
バカにしていました。
どうせそんな遊び直ぐに消えるよ!一時のはやりみたいなものさ!という意見が大半でした。

ところが、子供達は違いました。
任天堂を「トランプメーカー」とは多分知らなかったでしょう。
大人たちのように先入観で物事を決めてしまうのではなく、真っ白な目で
「アミューズメント」の世界にのめりこんでいったのです。

つまり「任天堂」はあたらしいニーズを創造した会社なのです。
その結果、株価の最高値は34,300円にまで大化けしました。なんと381倍です。
その間、分割で子が増えていますから、この銘柄を持っていた方はもう笑いが止まらなかったでしょう。

偏見は、株式投資の邪魔です。
子供達のように真っ白な目で「市場を造り出している企業」を探し出してください。

■超短期投資分析表作成マニュアル



posted by 幸助 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(4) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株価が意味するとても大切なこと!

株価は色々な投資主体(投資家)が様々な思惑で売買した結果、
たくさんの人々の総意で決まった企業の価値であるということです。

色々な人々の意見や考えが反映された結果ですから、その意味からすれば、
実はこの株価こそが「極めて有効な指標」なのです・・・。

極めて有効ということは、現在の株価が先に述べた価格形成の条件や経済的与件を織り込みながら、
過去における日々の取引の過程で、将来の株価の方向性を暗黙のうちに示唆していると言うことなのです。

少々難しい言い回しになってしまいましたが、ここはまあそういうものなのかという程度の
理解でかまいません。

ここで忘れてはいけないことは唯一つ、過去から現在の株価の推移が未来の株価の方向を
示唆しているということです。
未来の方向(バイアス)は予測できても、株価を予測できる人はいません。

よくアナリストが株価予測を発表していますが、多くの予測の中には当たることもあるでしょうが、
まず当たり続けることはないでしょう。

そして、あなたは「上がるから買う」「下がるから売る」の繰り返しを素直に実行することが
大切です。

その結果として、いくら利益がでたかがあなたのパホーマンスです。

くれぐれも最初から「この株はいくらになる」など考えないことです。

せっかく利益がでても売りそこねて損をすることもあります。

■超短期投資分析表作成マニュアル



posted by 幸助 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(4) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

投資家の性格的要素が大きく投資の結果に影響する!

相場で成功するには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析が大切ですが、
それ以上に投資家の持つ性格的要素が大きく投資の結果を左右します。

人それぞれ顔が違うように、性格も千差万別ですが、株式市場では
貴方の性格や行動パターンによって、利益をとれるかとれないかが決まります。
注意しなければならない行動パターンとは・・・。

(T)下げ相場の時、大きなチャンスにもかかわらず買い一方しかできない人
(下げ相場に買い向かう人)

(U)売ると直ぐに買いたくなる人
(いつも株を持っていないと気がすまない人)
(買い一方の方は、調整局面でも買いに行ってしまうため損する)

(V)資金枠すべてを投入して余裕を持って投資を行えない人

(W)短期で売買する場合、中・長期的視点を無視して売買する人

(X)最初から自分の目標値を決めつけて、そこまで行くと思い込んでしまい、
希望的観測で売買する人

まだまだ色々な原因で損する投資家になっている人がたくさんおられると思います。
あなただけには、そうなって欲しくないです。

■超短期投資分析表作成マニュアル


posted by 幸助 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

「デイトレ」こそ「中期バイアス」を大切に!

株式投資には株主となり何年もその会社の株式を持ち続ける投資の方法から、
数ヶ月や数週間で売買をする方法、数日の短期に利益を求めて売買する方法
そして今回のテーマである「デイトレード」という方法など様々な投資の方法があります・・・。

一般に私たちは、この様な株式を売買する方法を総称して「株式投資」と呼んでいます。
しかしながら、もう少しこれらの方法の定義を厳密にしてみますと、
投資期間が短ければ短いほど投機色が強くなります。

今回のテーマである「デイトレード」は一番投機性の強い言わば
「ギャンブル」に近い投資法ということがいえます。
ということは、勝負が早く直ぐに利益につながる代わりに、
損する時も数分いや数秒ということが現実におこります。

まだ救われるのは、早く対処すれば「競馬」や「競輪」のように元金まで失わずにすむということです。
そこで、貴方がこの「デイトレ」で勝つためには、それなりの必勝戦略なるものが必要です。
貴方のたいせつなお金を「デイトレ」で短期に何倍にも増やして行く戦略です。

事実、やり方さえ間違わなければ、普通の主婦で短期間に1,000万円の利益をだせた方法でもあります。
逆の発想から考えれば、短期に大きく増やすには、勝てるならば日経225オプションや先物を除いて
「デイトレ」もしくは「デイトレに近い方法」しかないともいえます。

反面、「デイトレ」は儲かるというような人の話や雑誌の記事に誘われて、
何の戦略も戦術も持たないまま「デイトレ戦線」に臨めば、
例え「デイトレ」に情熱を燃やす貴方でも討ち死にすることもあるのです。

デイトレは勘や感覚・希望で勝負するものではありません。
最近、デイトレは分足・時間足にとらわれ、中期のバイアスを全く無視した方から、
デイトレに勝つための方法について質問をうけました。

私が「中期トレンド分析を大切にすることです」と答えたら、キョトンとした顔をしていました。
意味が解ったかどうか解りませんが、相場の方向性は決しておろそかにしないことがたいせつです。

■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売買タイミングこそ株式投資の命!

以前「短期急騰銘柄情報を100%鵜呑みにしてはいけない」というお話をしたことがありました。
そこで、第二弾として「短期急騰銘柄も含めてどんな銘柄でも利益を出せる」という、
貴方が興味を持てる内容で話を進めてみます・・・。

株で利益を出すには、極めて単純に考えれば「安いところで買って、高いところで売る」
ということに尽きます。

それでは何故皆さんは「短期急騰銘柄」を欲しいのでしょうか?
それは短期で効率よく大きな利益を手にすることができるからと思い込んでいるからです。

しかし、冷静に考えてみて如何でしょうか!
前回お話した内容を理解していらっしゃる方は「そう簡単には儲からない」
ことはお分かりと思います。

あえて言わせてもらえば、どんな銘柄でも買う時期、売る時期を間違えれば儲かるどころか
損をしてしまうことさえあるのです。

仕手株であろうが、バリュー株であろうがどんな銘柄も株価の上下はあります。
また、上下があるからこそ儲かるのですから、株式投資で一番大切なことは
今の水準が高いのか安いのか(ある一定期間内で)を測定する技術を持っているかいないかで
「利益を出せるか出せないか」が決まってしまうということです。

短期急騰銘柄や仕手株が悪いことは決してありません。
むしろ先ほどの「分析技術」を持っていれば、どんな銘柄を買おうが
確実に利益をあげることが可能です。

突き詰めれば「この分析力」を持っているかいないかの方が重要なのです。
その上で、良い銘柄を売買すべきです。

私の知り合いで、「たった一銘柄」を売買して
大きな利益をあげている方がいらっしゃいます。

彼は、先ほどの株価の変動(波動)を「確実な分析方法」を利用して
高いか安いかを判断して大きな利益に結びつけています。
たくさん銘柄は必要ないといっていました。

一銘柄は極端にしても、数銘柄、自分が得意とする銘柄を分析しながら売買していると、
なにか感のようなものも働いてその銘柄の習性なども予知できるようになるようです。

posted by 幸助 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

株式相場を読む「分析力」

こんな経験あなたにもありませんか!

株式相場をやっている方でよく経験することですが、「もう」そろそろ危ないから
利食っておこうかとか、「まだまだ」この株は上がるよといった発言をよく聞きます・・・。

そのすべてとは言いませんが、「もう」危ないと思って売った瞬間から上がり始め、
あれよあれよという間に大化けしたとか、

反対に「まだ」大丈夫と思って継続していた銘柄が下がってしまい
利益を吐き出して売るに売れない水準まで下がってしまったという、
泣くに泣けない話まで色々きかされます。

人の感覚というのは、その時の希望的観測や人の噂、有名なファンドマネージャーの予測、
新聞や雑誌などのコメントなどがインプットされ、それらが客観的な資料として
取り入れられるものでしたら良いのですが、案外自分に都合良く解釈してしまう場合が多いのです。

その結果としてこのような思いもよらない結果になってしまう事もあるのですね!

人の感覚はあてになりません!

そろそろと思って売った後に上がって、大きな利益を取りそこなったり、
せっかく利益がのっているのに売りそこなって損をしてしまったり、
そんなことが無いように、客観的な判断を提供してくれる「分析力」を身につけることが大切です。

------------------------

今すぐ結果を出したい投資家のあなたへ
↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

やっと短期調整半ばか!次回反発2段上げの後、再調整も!

多くの投資家の行動を(心理的な面でも)観察しておりますと、株価の上げ下げに
一喜一憂して本質的な部分を見落としているように思えてなりません。

すべての投資家とは言いませんが、「この株は××円まで行く」(××円まで行って欲しい)
「××円の利益が欲しい」という希望的観測で投資してしまう傾向にあります。

その希望に合うまで持ちつづけあげくの果ては希望額まで伸びず売りそこなって
損をすることさえあります。

そのような主観や希望ではなく、「株価のターニングポイント」をきっちりと
把握することの方が可能ですし大切なのです。

買った株が下がり始めるポイントを掴み素直に売り抜ける。
そのポイントで売った結果として利益が××円であったということです。

今回の下げ相場で下がり始めをきっちりと売れた投資家はどれくらいいるのでしょうか?

何時も言いますが、株価は波動を描きます。
この上がり下がりを利用しない手はないといえます。
まだ、上はあるものの、一度下がって上がってくるのを待っているのは時間的ロスがおおきすぎます。
そこに、波動分析の意義があります。

ところで明日からの相場はどうなるのでしょう。
ようやく、エリオット短期下降第三波動が終了ポイントに差し掛かってきました。
これで反発すると、やっと半分の調整終了です。

これは、あくまでも短期の分析ですがこの分析でマイナスのバイアスがでているのに
逆らうことは禁物です。
すこし長いスパンで考えた場合は、一度下がって再度上がってきたときに
前の高値をぬけなかったら最悪です。

抜けた場合には更なる期待が持てますが一番危険がないのは、
波動の山で売り、谷で買うの繰り返しです。

あなたは、そのスキルを持っていますか!

■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの株投資に役立つテクニカル分析

テクニカル分析は「ファンダメンタルズ分析」と並んでもう一つの株式投資の分析法です。

「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」は車の両輪で、株式投資では双方の
分析法を活用することが、投資成績を向上させるのには大切です。

それでは「テクニカル分析」とはどんな分析手法なのでしょうか?

「ファンダメンタルズ分析」が企業の収益力や経営の安定性、財政状態を分析し、
また経営環境や与件が企業の営業活動におよぼす影響を分析する手法でした。

しかし、「ファンダメンタルズ分析」で投資妙味のある銘柄を発掘しても、
買うタイミングが誤っていたら、多くの利益を望めないどころか、
高値で買ってしまい損をすることさえあるのです。

そこで「テクニカル分析」が必要になるわけです。

「テクニカル分析」は過去の値動きから将来の値動きを予測する方法で、
売買のタイミングを計るための手法です。

■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

売買テクニック・・・逆張り

「逆張り」は株価が下がってできる限り底に近いところを買うことで、
「順張り」の飛び乗り天井買いを防ごうという売買テクニックです。

この様に「逆張り」は、多少時間はかかっても株式投資を安全にやりたい方には、
理想的な「売買テクニック」に思えるのですが、やはり注意しなければならない点もあります。

注意点;

ここで注意しておかなければならないのは、そろそろ底だから買っておこうと思い、
銘柄を仕込んだら、買ったところからまだ下げてしまったということがあります。

これは確実に底を判定する能力が要求される売買テクニックと言うことができます。
ただ、「順張り」に比べて救われるのは・・・

「順張り」で引かされて場合は、株価の高い位置を買っている場合が多く、時間をかけても
なかなか戻ってこない場合が多いと言えますが、「逆張り」の場合は、安くなって
からの買いなので、「順張り」よりはまだ救われるかも知れません。

posted by 幸助 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

株売買テクニック・・・順張り

「順張り」は株式の売買テクニックで一番オーソドックスな手法ということができます。
資金を効率よく運用するには買った銘柄が直ぐに上昇し始め、
利益がのって短期間のうちに利食いできる銘柄を買うことです。

ところでこの売買テクニックは、株式投資の経験が多少でもある方は、お分かりと思いますが、
買った銘柄がなかなか動かずに業を煮やして他の株に乗り換えたら、
そのとたんに動き始めたなどの経験です。

そこでその様なことがないように株価が動意づいてから乗りましょう(買いましょう)
という方法が「順張り」という方法です。

注意点;

ところが、そこは株式投資です。一見理にかなっているように見えますが、
株価が予測どおり持続して上昇してくれれば問題はないのですが、
買ったら「一吹き」で終わってしまい買ったところが「天井」でした、なんて話もよく聞きます。

また、投資家の心理として、無意識のうちに「○○円」まで行くだろうという希望価格を
設定しがちで、多少利益が乗っても売らずに持っていたら買値を割ってしまった
なんて事は日常茶飯事におきます。

売買テクニックとしての順張りを行う場合には、その様な点を注意して
投資を行うことが大切です。特に株価が動き始め、高くなってから買いたくなる貴方!

気を付けましょう!

------------------------------

確立勝負の投資法なら・・・
↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

「人の行く裏に道あり花の山」を実践している人がいます。

株式市場では、どうしても今現在総がかりで売買され値動きの良い銘柄が目立つので、そちらの方に目を奪われがちです。

しかし、その様な銘柄はもう相当買い込まれ値もそれなりに飛ばしている銘柄なのです・・・。

私の友人に「株が上手い人」(投資顧問に勤務していた)が居ますが、彼は、そのような銘柄には決して目をくれません。

何でこんな株に注目してるのと頭を疑いたくなるような銘柄に注目していて、動き出すのを待っているのです。

例えば、昨日のようにGDPが予想より良い内容でミニ・サプライズがあった時など、大多数の銘柄が上げているとき、蚊帳の外の銘柄にお宝銘柄が残っていたりします。

つまり、目先だけでなく、国策やニッチな仕事をしているオンリーワンの企業、目立たないが世界的な企業などに目を付けて上下の波動を利用して買いと売りを繰り返すか、目を瞑って長期に持つ投資法で稼いでいます。

当然、「分析ソフト」で彼なりの注目銘柄の動き出す瞬間を分析していて、買いサインが出た時を見計らって買いを入れているようです。

彼のたたき出す利益は半端なものではありません。

大儲けの秘訣「人の行く裏に道あり花の山」ですね!

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル



posted by 幸助 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

日本経済新聞【指標欄】に注目!

貴方が株式投資をするにあたって個別の銘柄選択と同様に大切なことは、
相場全体の動きを示す指標を理解し、常に相場全体の方向を念頭に置いて
銘柄を売買することが必要です。

それは、個別の銘柄が遅かれ早かれ全体の流れに同調して動く傾向にあるからです。

できましたら、日本経済新聞の指標欄を見てください。

その他の指標の読み方を習得していくと投資成績の向上につながります。


麦藁帽は冬に買え

全体相場を表す指標は、日経平均とTOPIXがポピュラーですが、「単純平均」も指標分析をしますと、むしろ日経平均やTOPIXより精度の高い結果を得ることができます。

「大型株」「中型株」「小型株」各指数は相場の流れ(資金の流れ)がどんな規模の銘柄に流れ込んでいるかを判断する時に使用します。

株式の分類には「内需銘柄」「ハイテク銘柄」などの分け方もありますが、
このように資本規模による分類もあります。

お金の流れは、全ての銘柄を平等に買うことはありません。
必ず「資本規模」では「小→中→大」又は「大→中→小」の順で、更に
「1部→2部→JASDAQ(その他新興市場)」というように買われます。

一方「内需」と「ハイテク」は相場のテーマとして買われます。

従って、上昇相場では、双方とも買われはしますが、上昇率に大きな差が現れます。

ここでも、テーマをしっかりと把握して、テーマに沿った銘柄選択をしませんとパフォーマンスに大きな差がでるということです。

-------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル


posted by 幸助 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

貴方に合う投資法を身に付けよう、その1

投資には色々な方法があります。
その中で、貴方に合う投資法は、また貴方が
実行してみたい投資法にはどんな方法があるのでしょうか?

資金量・投資に向けることのできる時間・投資家の性格等によって投資法は変わってきます。

ウォーレン・バフェット流投資法

ウォーレン・バフェットという名前は貴方も一度は聞いたことがあるのではないかと思います。
彼は毎年アメリカの長者番付に出てくる「株式長者」を地で行く人です。
ここでは彼の経歴についての話しではなく、貴方に参考となる彼の投資法の話しが主題です。

彼の投資法は「バリュー株」をある基準に従って発掘し、その株が大きく成長して
利益が十分に乗ってから売却してキャピタルゲインをえる方法です。

それでは「バリュー株」とはどんな株をいうのでしょうか?これから具体的に理解していきましょう。

今、ある企業の実質的な価値を計るため用いられる尺度として一般的なのは、
「PBR」という指標です。


「PBR」のことを「一株純資産倍率」といい;

「PBR」 = 純資産(株主資本) ÷ 発行済株式総数
で計算されます。


そこで、今仮にこの計算結果が1,000円だったと仮定しましょう。そうするとこの企業の価値は
1株1,000円の価値が実質的には存在することになります。

もし将来の成長性・収益性その他の材料を加味しないか、又は欠損・減損・
その他の不安材料がないとすれば、市場では1,000円が妥当価格ということにな
ります。

ところが、実際に市場で取引されている現在価格は750円であったと仮定しますと、
実質価格と市場取引価格の差は250円になります。

もし、貴方がこの会社の株を750円で買ったとすれば、250円の含み益が最初からついてきます。

株式の価格は人気投票で決まりますので、ある一時期実質価格以上に
売り込まれる場合があります。
しかし、長い期間で見ていくと必ず実質価格に収束して行くものです。

もし、その企業に成長性や好材料があれば瞬く間に人気がでて実質価格の2倍以上の
価格がつく場合もあります。

バフェットの狙う株は、このように、潜在的に成長性を内包し、実質価値よりも売り込まれて、
安値で放置されている企業の株に投資する方法です。

この方法ですと、実施価値よりも株価が何時上回ってくるかは、予測が難しいといえます。

もしかしたら1週間後かもしれませんし10年かかるかも知れません。
これが、バフェット流は「長期投資法」といわれるところでもあります。

でも元々価値のある株を安く買っているのですから、特別の悪いことが起らない限り
買った時点から含み益がでている訳で、後は「果報は寝て待て」ということなのですね。



posted by 幸助 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

短期急騰銘柄の情報に惑わされるな!

ちょっとお聞きしますが。。。

貴方は、インターネット、新聞、雑誌等で紹介されている短期急騰銘柄を買って
失敗した経験がありませんか?
これらの情報を活用して儲けるには、その情報を解釈する力が必要です・・・。

私たちの周りには沢山の情報が飛び交っていて「何が本当で、何がガセネタ」
かを判断することはとても難しいといえます。
貴方がこれらの情報を鵜呑みにして銘柄を売買すれば、
まずやられるのが落ちでしょう。

相場全体に上方のバイアスがかかっている時は
どんな銘柄でも多少高いところを買っても、少し嫌な思いを我慢して持っていれば
利がのってきて儲かることもあるでしょう。

しかし、そんな相場ばかりではありません。
それどころか、一般的に言って「短期急騰銘柄の情報」は
本当に旬の新しい情報なのでしょうか?
そこの判断を誤りますと「はめ込み、売り逃げ」なんてことも
実際にある話なのです。

それでは、短期急騰しますよといって教えてもらった銘柄の情報が
「新しいのか古いのか」誰か教えてくれる人がいますか?

まず居ません!

結局、「情報で儲けようとする者は、情報で損する」場合が多いのです。
トータルでトントンならOKですが、引かされたら泣くに泣けないですね!

短期急騰銘柄として得た情報を「自分で買っていいか悪いかを判断できたら」
どんなに良いことでしょう!

「株式投資の勝ち組み」になるためには勝ちつづけなければなりません。
どうか情報に惑わされないように・・・!
--------------------------
常勝投資家への近道は?
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
■超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 幸助 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

損する投資家にならないために・・・

損する投資家にならないために・・・
 
これから株式を売買する上で以下の投資態度は絶対に避けるべきです。

そう言って、理解して頂いても、人とは面白いもので個性というか性格というか、
また同じ過ちを繰り返してしまいます。

そういう状態になると、どうしても血がさわぐのですね!
いつも思うことななのですが、投資で成功するには、
あなた自身の心に打ち勝つ自制心や心のコントロールが必要です。

それでは、あなたが損する投資家にならないために、以下を参考にしてくださいネ!

▲材料を重視して、株価が大きく値を飛ばして人気がでてから、ワクワクしてきて買いたくなる人。
(人の行く裏に道あり、花の山)

▲下げ相場の時、大きなチャンスにもかかわらず買い一方しかできない人
(下げ相場に買い向かう人)

▲売ると直ぐに買いたくなる人(いつも株を持っていないと気がすまない人)
(買い一方の方は、調整局面でも買いに行ってしまうため損する)

▲資金枠すべてを投入して余裕を持って投資を行えない人

▲短期で売買する場合、中・長期的視点を無視して売買する人

▲最初から自分の目標値を決めつけて、そこまで行くと思い込んでしまい、
希望的観測で売買する人

まだまだ色々な原因で損する投資家になっている人がたくさんおられると思います。

上記の項目をご覧になって、あなたにも思い当たるふしがありませんか?

posted by 幸助 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

売買タイミングはテクニカル分析で

売買タイミングはテクニカル分析で

役立つテクニカル分析

「テクニカル分析」は「ファンダメンタルズ分析」と並ぶ株式投資の分析法です。

「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」は車の両輪で、
株式投資では双方の分析法を活用することが、投資成績を向上させるのには大切です。

それでは「テクニカル分析」とはどんな分析手法なのでしょうか?

「ファンダメンタルズ分析」は企業の収益力や経営の安定性、財政状態を分析し、
また経営環境や与件が企業の営業活動におよぼす影響を分析する手法です。

しかし、「ファンダメンタルズ分析」で投資妙味のある銘柄を発掘しても、
買うタイミングが誤っていたら、多くの利益を望めないどころか、
高値で買ってしまい損をすることさえあるのです。

そこで「テクニカル分析」が必要になるわけです。

「テクニカル分析」は過去の値動きから将来の値動きを予測する方法で、
売買のタイミングを計るための手法です。

-------------------------

テクニカル分析なら・・・
  ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル



posted by 幸助 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思いのほか大きな利益が実現する銘柄を簡単に探す方法

誰でも買った銘柄が、買い気配をまじえてグングン上がって行くのを見るのは
気持ちの良いものです。

そんな銘柄を見つけることは難しいことでしょうか?

同じ株式投資をしていて、ある人は1、2ヶ月で手持ちの資金を2倍にする人もいれば、
一方で手持ちの資金を半分に減らす人もいます。

その違いは、「銘柄選びと売買タイミングの差」に尽きるのです・・・。

もし、チャートブックをお持ちの方はそれを開いてください。

もっておられない方は、ヤフーの「ファイナンス」をクリックし検索したい
銘柄のコード番号を打ち込んで月足チャートをご覧ください。

そこで、前の大相場から3年半以上経過している銘柄をリストアップしましょう。

四季報を持っていらっしゃる方は、上部の簡易チャートでもだいだいのことは
把握できます。

今貴方がピックアップした銘柄は、上昇し始めた際、上値にシコリ(売り待ち玉)の
ない銘柄です。

言い換えれば、値が軽く上昇する条件を備えた銘柄といえます。

これらの銘柄を貴方だけの「注目銘柄」として毎日上がる瞬間を
見逃さずにチェックしていきます。

たったこれだけでも貴方の投資効率は大きく違ってきますよ。

まだまだ大きく値を飛ばす銘柄のチェックしなければならない条件は
たくさんありますが、丸秘ノウハウですので公表するのはお許しください。

貴方も、研究してみると株式投資が一段と楽しくなりますよ!

posted by 幸助 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。